スーパー淋病の恐怖!
淋病の恐ろしさにびっくりしている女性

スーパー淋病という言葉を聞いた事がありますか?これは通常の淋病とは異なる、とても厄介な性感染症なんです。

尿道炎を発症する淋病は市販薬でなおせるのか?

男女が自由に恋愛する現代の日本において、問題になっているのが性病です。性病には完治が難しいものも存在しますので、相手のことをおもいやり、正しい性行為を行うようにしたいところです。
性病の中でも1990年代から増加傾向にあるのが、淋病です。性器に付着した淋菌が相手の粘膜に接触することで感染を拡大させます。性器からだけでなく、喉から性器へと感染する例も見られます。
淋病にかかると、男性ならば尿道炎を発症します。尿をする時に激しい痛みを伴うのが特徴です。尿道炎が突如あらわれたなら、泌尿器科などの医療機関で診てもらいましょう。尿道炎の検査の結果、淋病だと診断されることがあります。
淋病は淋菌という菌が付着することで起こる病気ですので、抗菌作用のある市販薬が効くのではないかと考える人もいるでしょう。残念ながら、市販薬では淋菌を死滅させることはできません。医療機関で処方される、強力な治療薬を用いなければ、完治することは難しくなっています。
実は、医療機関で処方される治療薬は、市販薬として購入できるケースはあります。日本国内では購入できませんが、個人輸入代行業者を通じて、海外から購入する手段が存在します。医療機関で入手できる治療薬と同じものが多数販売されており、割引価格が適用される例もありますので、安く治療薬を入手できます。
しかし、海外から個人輸入で購入できる治療薬は、偽物が多く紛れているのが現状です。成分に問題なくても不衛生な現場で製造されている恐れがあることから、安易に購入しないようにしたいものです。
時間はかかりますが、淋病は完治できる病気です。通いやすい医療機関で根気よく、治療を行いましょう。