スーパー淋病の恐怖!
淋病の恐ろしさにびっくりしている女性

スーパー淋病という言葉を聞いた事がありますか?これは通常の淋病とは異なる、とても厄介な性感染症なんです。

淋病とアレルギー性紫斑病と女性性病について

アレルギー性紫斑病がなぜ発症するかについては、今のところはっきりとはわかってはいません。アレルギー性紫斑病は、体を守る免疫である抗体との関連性があるのではないかと言われています。アレルギー性紫斑病は、突然発症です。症状は数ヶ月間繰り返すことになります。しかし次第に、状態は落ち着いていきます。先行感染では、副鼻腔炎を起こしたり、扁桃炎の上気道炎がメインとなります。

麦わら帽子をとって、岩に腰をかけている女性淋病を女性が発症した場合は、膣より子宮近辺に炎症をおこすことになります。淋病になると、悪臭を感じたり、おりものの量も増えていきます。淋病にかかったら、異変は女性の場合はわかりやすいこともあり、早めに婦人科などでの検査を受けることが大切です。感染をして、そのまま何も対処をしないと、今度は体の中へと感染が拡大します。淋病の体内感染により、不妊や子宮外妊娠の元にもなります。

女性性病として、いくつかの種類があります。男性も性病にはかかりますが、女性の体の方がずっとデリケートなこともあり、女性性病は繊細な女性の体を悩ませる要因ともなります。女性性病で増えている感染症としては、クラミジアの症状があります。感染してすぐに異変を感じるものではなく、潜伏期間が7日から4週間ほどあるのも特徴的です。感染して発症するまでは、少し長めです。

ただ、発症したとしても、クラミジアの症状は比較的軽いものです。そのため、本人も自覚症状がないケースさえあります。しかし下腹部痛や不正出血、排尿時の違和感などを感じるようであれば、婦人感などで検査を受けて見ましょう。自分だけではなく、パートナーにも異変がないかどうか話してみるといいです。お互いに治療が必要なケースもあります。