スーパー淋病の恐怖!
淋病の恐ろしさにびっくりしている女性

スーパー淋病という言葉を聞いた事がありますか?これは通常の淋病とは異なる、とても厄介な性感染症なんです。

淋病とWBCと悪臭について

臭いがきつくて鼻を押さえている女性WBCというのは、血液の中の白血球を調べることができる検査になります。WBCの検査で白血球の数値を調べることで、病気などの可能性を見ることもできます。WBCの数値が高い時には、 いくつかの病気が考えられます。白血球の数値が高いと心配なのは、胃腸炎や気管支炎、腎盂腎炎や膀胱炎、虫垂炎とか慢性骨髄性白血病などもそうです。腎不全や肝不全、骨髄増殖性疾患とか、ほかにもまだあります。ただ、は血球の数値だけで病気が断定されるものではないので、数値が高い時には、ドクターから精密検査をするように説明があります。

男性と女性では、淋病の症状には違いがあります。男性が淋病の症状を感じるのは、尿道内において淋菌が増殖して、尿道炎という症状を引き起こすことになります。感染をしてから10日間ほどの間に、排尿痛を感じたり排膿が出たりして発症します。女性の場合の淋病は、膣内より淋菌が子宮頚管に侵入して、子宮頚管炎が起こります。そうすると悪臭がしてきたり、膿様帯下や帯下の増加などの症状が出てきます。男性の方が感染の症状がわかりやすく、女性の場合は自分で気がつかないケースさえあります。ですが、原因のわからない発熱や下腹痛の原因となる場合もあります。

性病にかかってしまたかどうかを判断するためには、実は悪臭というのも判断ポイントになります。悪臭がひどい時には、男性も女性も性行為は控えることです。健康な状態の人への感染も心配ですし、感染している本人の状態も、さらに悪化する可能性があります。男性の場合は匂いはあまり気にならなくても、包茎だと菌が繁殖して嫌な匂いがすることもあります。女性の場合は症状の悪化とともに、匂いもきつくなります。